2017/03/18(土) 02:15:15 カテゴリ:アニメ・漫画  コメント:0 

1:2017/03/17(金) 17:28:32.28 ID:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000084-it_nlab-ent
実写化の不安乗り越え完成したスカヨハ攻殻をたけし称賛「漫画の実写で最初に成功した例に」

 ヨハンソン演じる少佐の上司に当たる公安9課の荒巻を演じたたけしさんは、「大きなバジェット(予算)の本格的なハリウッド映画に初めて出られて、自分にとってもいい経験になった」とあいさつ。

 撮影は何もかも邦画とはスケールが違うことに驚きも多かったようで、ただ歩くだけのシーンを撮影するのにも「『グッド』と監督に言われてよかったのかなと思ったら『ワンモア』って。
その後も『ナイス! ワンモア』『ベリーグッド! ワンモア』『エクセレント』『ジーニアス』、でも『ワンモア』。これはお金が掛かるなとつくづく思った」と笑う。
一方で、役者としての振る舞いをヨハンソンからあらためて学んだとし、「さすがにこの人(ヨハンソン)はプロだなと日本に帰ってきてつくづく思う。

そのくらい素晴らしい映画ができた」と仕上がりに自信を見せた。

 監督を務めたルパート・サンダースは、美術学校時代に原作と出会い、その卓越した世界観に若き想像力をかき立てられた人物。
「実写版を作るなら、僕が作りたいと思っていた」と作品への強い思いを吐露する一方で、「士郎(正宗)さんや押井(守)さん(神山)健治さんに恥じないものを作らなければならないというプレッシャーがあった」と実写化の重圧を明かした。

 作品作りに当たっては日本映画を強く意識して作り上げたといい、同作を「(黒澤明監督の)『醉いどれ天使』と『ブレードランナー』が出会ったような作品」と表現。
「実写版を通じ、世界の人々が士郎正宗や押井守が生み出した素晴らしい作品を知ることになることを非常にうれしく思う」と話した。

 記者会見でキャストや監督が一様に口にし続けたのは、原作やそれを生み出した士郎正宗さん、アニメを手掛けた押井守さんらへの強いリスペクトだが、たけしさんは加えて
、「漫画の実写化は原作に必ず負けて文句を言われるのが定説。でも、この作品は、もしかすると漫画の実写で最初に成功した例になるのではないか。唯一の失敗は(自分が演じる)荒巻じゃないかという説も」と、

自虐ネタを挟みつつもリスペクトと独自性が融合した新たな作品の仕上がりに自信を見せた。

15:2017/03/17(金) 17:34:10.49 ID:
>>1
キャスティグの時点でボロクソ言われてますが......
222:2017/03/17(金) 19:47:59.39 ID:
>>1
いやもう草薙素子じゃない時点で味噌ついてるから

305:2017/03/17(金) 21:58:37.18 ID:
>>1
まぁたけしは公開当時アニオタくらいしか注目しなかった攻殻一作目に自分が担当してる
東スポ映画大賞を与えた実績があるからな。後にハリウッド実写版に自分が出ることになるとは
夢にも思わんかっただろうな
2:2017/03/17(金) 17:29:14.20 ID:
そんないいんか
3:2017/03/17(金) 17:30:11.93 ID:
変態仮面の実写が良かったと聞くがまだ見ていない
37:2017/03/17(金) 17:41:05.09 ID:
>>3
そう言えばあれは批判無かったな
なかなかよく出来てた
323:2017/03/17(金) 22:41:14.64 ID:
>>37
成功したのがよりによって変態仮面だったと言う事がそもそもの問題
4:2017/03/17(金) 17:30:45.99 ID:
>唯一の失敗は(自分が演じる)荒巻じゃないかという説も」と、

相変わらず自虐ネタ好きだな
5:2017/03/17(金) 17:30:48.43 ID:
どんなに素晴らしいリメイクをしたって
漫画読んで出来た自分の脳内補完と食い違う限り
実写化が認められる事は無い
6:2017/03/17(金) 17:31:00.67 ID:
ハリウッド版の吹き替えはアニメの声優が担当するらしいね
13:2017/03/17(金) 17:33:52.20 ID:
>>6
しかも、元メンバーみたいだね。
29:2017/03/17(金) 17:37:44.95 ID:
>>6
SACの?ARISEの?
165:2017/03/17(金) 18:45:29.96 ID:
>>29
SAC
14:2017/03/17(金) 17:34:00.46 ID:
Gantzみたいにフル3DCGで作ったほうが良かったんじゃないかな
150:2017/03/17(金) 18:33:02.59 ID:
>>14
あれ全然ダメだったじゃん
16:2017/03/17(金) 17:34:14.72 ID:
るろけんは文句なしだろ
347:2017/03/18(土) 00:06:12.36 ID:
>>16
なんちゃってチャンバラじゃん
少なくとも殺陣じゃねえ
19:2017/03/17(金) 17:35:10.18 ID:
既に文句しか出ないんだが…
22:2017/03/17(金) 17:36:04.05 ID:
るろうに剣心、デスノート

これ位だけじゃね?
他に何かあるか?
34:2017/03/17(金) 17:40:14.21 ID:
>>22
テルマエロマエは割と好評だったような
半ばネタ扱いな感じだが
55:2017/03/17(金) 17:48:37.11 ID:
>>34

テルマエ、1は良かったけど2は…

あと上にもあるけど、釣りバカとかのだめとかもあったわ
実写化が評価されている幾つかの作品の足下には、沢山の無惨な実写化作品の夥しい屍が死屍累々と…
33:2017/03/17(金) 17:40:06.21 ID:
るろ剣良かったね
くず流線とか細かい原作ネタも良かった
36:2017/03/17(金) 17:40:39.96 ID:
文句が出ない原作付き映画はないから
38:2017/03/17(金) 17:42:13.92 ID:
というか敵が人形使いじゃなくて笑い男なんでしょ?
48:2017/03/17(金) 17:45:19.08 ID:
荒巻くらい殺気と知性がデフォルト表情の俳優って誰だろう?
竹中直人は勘弁
80:2017/03/17(金) 17:56:03.06 ID:
>>48
田中 泯、品川徹あたりかな?
105:2017/03/17(金) 18:05:46.32 ID:
>>80
田中泯超イイ!
108:2017/03/17(金) 18:07:18.27 ID:
>>105
でも田中背がでかいんだよな
68:2017/03/17(金) 17:53:32.58 ID:
スレに出てるネタ以外のタイトル+自分で覚えてるの足して

変態仮面
アイアムアヒーロー
オールドボーイ
釣りバカ日誌
るろうに剣心
図書館戦争
デスノート
クロマティ高校
テルマエロマエ
私立探偵濱マイク
特命係長只野仁
闇金ウシジマくん
のだめカンタービレ
MARVEL系
時代劇系

めちゃくちゃ有るね
他にもDMCとか地獄甲子園とか叩かれないでそこそこ話題になったとなると沢山思いつく
77:2017/03/17(金) 17:55:50.06 ID:
>>68
こうみると、好評な実写化映画は余計な付け出ししてないな
96:2017/03/17(金) 18:02:12.75 ID:
SACが当たってても、原作漫画原理主義と劇場版至上主義がいるんだもん
どうしたって叩かれると思ってた方が良い
111:2017/03/17(金) 18:08:45.61 ID:
キャシャーンは成功したで
日本では叩かれてたけど
125:2017/03/17(金) 18:16:22.68 ID:
海外でのSACの知名度ってどうなんだうね
単発完結のエピソードと思いきやシリーズが佳境になるにつれ、それらのエピソードが一気に繋がっていく展開は感心した
対峙する相手のスケールといい個人的に一番好きなシリーズだ
183:2017/03/17(金) 19:01:49.34 ID:
>>125
笑い男面白かったよな
薬害問題になるとは思わなかった
235:2017/03/17(金) 19:53:20.50 ID:
『君の名は。』は実写化して欲しくないわ
あれはアニメだからあそこまで売れた
新海は背景も音楽の使い方も抜群に上手い
246:2017/03/17(金) 20:00:55.63 ID:
>>235
253:2017/03/17(金) 20:08:10.99 ID:
日本の漫画の実写化はハリウッドでもハードル高いよな。
ドラゴンボールが酷かった・・・。

マーベルは大成功してるけど。
268:2017/03/17(金) 20:54:33.90 ID:
>>253
進撃はハリウッドなら大丈夫なんじゃないかと思う
SAOはどうかなあ
ソードスキルとか大丈夫かね
NARUTOは個人的には止めといた方が良い気がする
317:2017/03/17(金) 22:26:13.84 ID:
そんなんより神山の新作「ひるね姫」を観ようぜ
明日全国劇場で公開だぜ
320:2017/03/17(金) 22:32:40.35 ID:
>>317
アニメ画にかたくなに影をつけないのは細田守だけで十分。


引用元:
関連記事

ツイート シェア ブックマーク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ